二年の娘へのビジュアルファンブック読み聞かせにはまっている

あたしが本日はまって要るものは二年の息子への絵本の読み聞かせだ。
うちの息子は絵本が大好きで、一層小さい頃から「絵本読んで」とあたしや彼に再三繰り返しせがんできていました。
一年くらいのあたりの絵本はコピーが少なくて掴むのは気楽でしたが、アダルトにとっては繰り返し掴むとすぐに飽きて仕舞うものが多かったです。
息子が喜ぶので通常読んであげていましたが、きちんと熱心ではなかったです。
ただし、近年読み聞かせて要る絵本はアダルトが読んでも明るい、ある程度内容のしっかりしたものになってきました。
書き物が長いので朗読講じるにも、上手に掴むには着想が要ります。
役になりきって声色を変えたりしながら読み聞かせるという、私の膝の上に座って絵本を見ている息子が、お話に引き込まれているのが行渡り快くなります。
値冊読み終わるといった、満足がちゃんと止まるので今度また読んであげたくなります。
今では2ウィーク毎の書斎通いで初々しい絵本を借りて現れるのが私も楽しみになっています。http://xn--cck7atz7b7hwe6a1fe.xyz/